SALUS CLINIC

内科・糖尿病内科・腎臓内科・循環器内科・腹膜透析・健康診断

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 院内検査
  4. CAVI,ABI

CAVI,ABI

CAVI,ABI

動脈の硬さ、つまり動脈硬化の程度を明らかにするための検査です。専用の検査装置で数値化することができる検査です。動脈硬化の進み具合が推測できるため、重大な病気に発展する前に治療を始めたり、早い段階で生活習慣の改善に取り組み始めたりすることができます。 CAVIは腕と足首の間の血管拍動から硬さを推測し、ABIは足関節の血圧と腕の血圧の比から血管病変を推定します。

検査方法

ベッドに横になって心電図電極、心音マイクをつけ、両手足首にカフと呼ばれる腕帯・足帯を巻きます。数分程度、安静状態を保っていただければ検査終了です。約5分で検査結果がわかります。

CAVI,ABI検査でわかること

動脈硬化が進んでいないかどうか知ることができます。動脈硬化自体は無症状ですが、進行すると、狭心症や心筋梗塞などのリスクが大変高まります。定期的に検査して自分の動脈の状態を正しく知ることで、命に関わる重大な病気を未然に防ぐことができます。