SALUS CLINIC

内科・糖尿病内科・腎臓内科・循環器内科・腹膜透析・健康診断

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に無意識に呼吸が止まってしまうことを繰り返すことで睡眠が浅くなり、様々な合併症を引き起こす病気です。睡眠の質が低下するせいで慢性的に睡眠不足となるため、 日中に眠気が出て仕事の能率低下を招いたり、頭痛・肩こり・疲れやすい・無気力など多くの心身不調を招きます。また、慢性的な睡眠不足や酸素不足の状態を繰り返すことは、高血圧症・脂質異常症・糖尿病・脂肪肝など生活習慣病の発症と 深く関わります。動脈硬化も進行するため、脳卒中・狭心症・心筋梗塞などのリスクも上げてしまうことになります。
  検査では、睡眠ポリグラフ検査 (PSG) にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。10秒以上の呼吸停止が1時間に平均5回以上あった場合などに、「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

対象となる方

1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数 (AHI) が5以上であり、なおかつ、いびき、夜間の頻尿、日中の眠気、起床時の頭痛などの症状を伴う際に診断されます。

症状は?

睡眠中に気道が狭くなることで起こるため、いびきをかくようになります。また、熟睡できなくなるため、日中に眠気や体調不良につながります。 いびきは自分自身では気付けないことも多いため、家族などが気づいた場合、検査・治療を勧めてあげると良いかもしれません。

主な原因は?

気道が狭くなる原因として、肥満、加齢よる筋力低下、扁桃腺肥大、アルコールの過剰摂取などが挙げられます。 特に肥満の人に多くみられます。蓄積した脂肪のために気道が狭くなる上、睡眠中に舌が落ちてきて気道を塞いでしまうためです。

関連コラム

「睡眠の質」を高めて、睡眠不足解消!

「毎日たくさん寝ているのに昼間も眠くなってしまう」「いくら寝ても寝た気がしない」―― このような方は「睡眠の質」が・・・

2022年10月10日