内科・糖尿病内科・腎臓内科・循環器内科・腹膜透析・健康診断

  1. ホーム
  2. 健康診断
  3. 健康診断 - 受診時の注意事項

健康診断 - 受診時の注意事項

食事について

食事は予約時間の10時間前までに済ませてください。


※無糖の水分摂取は1時間前まで可能です。(アルコールは禁止)
※血液検査、超音波(エコー)検査がない方は食事可能です。

服薬について

高血圧、心臓病の薬を内服中の方は朝6時までに内服してください。インスリン注射治療中の方は事前に主治医に相談の上、その指示に従ってください。

持ち物について



指定書式の写真、PDFの送付先メールアドレス

日本橋 salus-nihonbashi@tokiwagroup.jp
武蔵境 salus-ms@tokiwagroup.jp
有明  salus-ariake@tokiwagroup.jp

服装について

アクセサリー、カイロ、湿布、磁気製品はお控えください。上下で分かれた、脱ぎ着しやすい服装でご来院ください。

上:刺繍、柄、金属などのないTシャツ(ボタンのあるシャツも不可)、ワンピース、つなぎは不可。
下:デニムなど重い生地、ストッキングは極力お控えください。脱ぎ着しやすい靴下の着用をお願いします。

尿検査について
(尿検査を含む健康診断プランの場合)

ご来院時に採尿をしていただきます。事前の採尿は必要ありません。

喀痰検査について
(喀痰検査を含む健康診断プランの場合)

検査をご希望の方には事前の採取をお願いしております。

採取の手順
1)袋に氏名、容器に氏名/採痰日を記入する
2)起床後、2~3回口をゆすぐ
3)容器の蓋を取り、内蓋のシールを破片が残らないように全て剥がす
4)付属のペーパーロートの口を広げ、容器に差し込む
5)痰を容器に吐き出し、しっかり蓋をしめ、痰が「完全に」溶けるまで強く振る


※痰を出しやすくするため、大きく深呼吸・咳払いをしましょう。
※起床後~朝食前の痰を3日分ご提出ください。連日でなくても問題ありません。

便検査について
(便検査を含む健康診断プランの場合)

検査をご希望の方には事前の採取をお願いしております。

採取の手順
1)提出用袋、容器に油性ペンで氏名/性別/年齢/採便日を記入する

 ※容器の違い 1日目…青字  2日目…赤字
 ※健診日3日前からの便を2日分ご提出ください。連日でなくても問題ありませんが、同日は不可です。

2)自動洗浄のトイレは避け、水洗便器を使用する

3)付属のペーパーを便器内に敷き、ペーパー上に排便する

4)1で用意した容器のキャップを回して引き抜き、便の表面を撫でるようにこすり取る

 ※一箇所に集中しないように注意してください。
 ※採便量の目安…先端の溝が埋まる程度

5)キャップと容器の向きを合わせてまっすぐパチンと音がするまで差し込む

 ※回したり抜き差ししないでください。

6)容器を提出用袋に入れ、健診当日まで冷暗所に保管する

 ※冷暗所…直射日光の当たらない、風通しの良いところ。

超音波(エコー)検査を
受診の方


腹部超音波検査を受診の方

食事について



服薬について



検査の準備について

上下分かれたお腹を出しやすい服装でお越しください。
検査前はできるだけトイレに行かないでください。

※我慢が難しい場合はご相談ください。

心臓超音波検査を受診の方

検査の準備について

食事・水分やお薬の制限はございません。
上下が分かれた胸部を出しやすい服装でお越しください。
心電図の電極をつけるためストッキング・タイツなどは脱いでいただく可能性があります。
なるべく靴下でお越しください。

頸動脈超音波検査を受診の方

検査の準備について

食事・水分やお薬の制限はございません。
首元を出しやすい服装でお越しください。タートルネックなどは脱いでいただくことがございます。
また、ネックレスをつけている方ははずしていただきます。

下肢静脈超音波検査を受診の方

検査の準備について

食事・水分やお薬の制限はございません。
臍部付近から両足の足首付近まで観察し、仰向けまたはうつ伏せ、立位での検査となります。検査中は下着以外は全て脱いでいただきますので、脱衣のしやすい服装での来院をお願い致します。

甲状腺超音波検査を受診の方

検査の準備について

食事・水分やお薬の制限はございません。
首元を出しやすい服装でお越しください。タートルネックなどは脱いでいただくことがございます。また、ネックレスをつけている方ははずしていただきます。

CT検査を受診の方


腹部CT検査を受診の方

食事について



服薬について



検査の準備について

検査前はできるだけトイレに行かないでください。

※我慢が難しい場合はご相談ください。



注意事項

ペースメーカー、ICD、その他体内に機械・金属類の入っている方はお申し出ください。
妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は検査を受けることができません。

胸部CT検査を受診の方

食事について

飲食の制限はありません。



服薬について

服薬の制限はありません。



検査の準備について

上下分かれた服装でお越しください。



注意事項

ペースメーカー、ICD、その他体内に機械・金属類の入っている方はお申し出ください。
妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は検査を受けることができません。

上部消化管内視鏡検査を
受診の方

食事について



服薬について

常用薬は基本的に服用して問題ありません。薬の種類によっては、休薬が必要なものもあります。
例)血液を固まりにくくする薬(バイアスピリン、クロピドグレル、プレタール、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、ワーファリンなど)
常用薬の服用については、必ず事前にご相談ください。



検査の準備について

検査同意書に記入をしていただきます。検査時間は10〜20分程度です。
検査中、異常な病変があれば、組織を採取します。生検をした場合、アルコール飲料の摂取、刺激物の接種、脂質の多い食事はご遠慮ください。
検査後は待合で診察をお待ちください。検査後1時間は絶飲食です。



結果の説明について

検査の時に撮影した内視鏡の画像を見ながら、検査結果の説明をおこないます。病変組織を採取した場合は、病理組織検査の結果が概ね11日〜14日程度でわかりますので、日を改めてご説明致します。