SALUS CLINIC

内科・糖尿病内科・腎臓内科・循環器内科・腹膜透析・健康診断

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 院内検査
  4. 上部消化管内視鏡

上部消化管内視鏡

上部消化管は食道・胃・十二指腸を指し、上部消化管内視鏡はいわゆる「胃カメラ」のことです。口もしくは鼻から内視鏡を挿入して、超小型カメラで上部消化管内部を撮影し、医師がリアルタイムで状態を確認します。これにより、潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどが診断できます。胸焼け、腹痛、食欲低下、貧血などの原因を調べます。検査は10~20分程度で終了します。 サルスクリニック有明のみでの実施となります。

検査方法

内視鏡は、口または鼻から挿入します。

●経口検査…観察できる範囲が広いため、より精密な観察が可能です。胃の症状がある方などはこちらがおすすめです。デメリットとして、舌根部にスコープが接触するため吐き気を誘発することがあります。
●経鼻検査…吐き気が少なく、検査中に医師との会話が可能です。ただし、鼻の穴が小さい方、鼻に疾患のある方、鼻血が出やすい方、花粉症の症状がある方などは経口内視鏡検査をおすすめしております。

不安な方は鎮静剤を使用することで、眠った状態(うとうとした状態)で実施することも可能です。(その場合通常より少しお時間かかります。)

ー 手順 ー
①消泡剤を服用し、胃の中を見やすくします。
②鼻もしくは口に麻酔薬を注入します。
③左半身を下にしてベッドで横になります。
④鎮静剤を使う場合はここで点滴で投与します。
⑤カメラを入れていきます。
⑥少し休憩していただいてから結果をお伝えします。
 (鎮静剤を使った場合は効果が切れるまで安静にしていただきます。)

上部消化管内視鏡でわかること

食道がん、逆流性食道炎、食道異形成、食道潰瘍、食道静脈瘤、食道リンパ管腫、胃炎、胃潰瘍、胃がん、胃ポリープ、胃カルチノイド腫瘍、萎縮性胃炎、胃静脈瘤、幽門狭窄、十二指腸潰瘍、十二指腸カルチノイド、十二指腸がん、十二指腸ポリープ、十二指腸狭窄など



検査前の注意事項

検査前のお食事について

①午前に検査をされるかた
●夕食は検査前日の20時までに済ませてください。
●脂質の多いものや食物繊維の多いものの摂取はお控えください。
●検査前日20時以降は、水・お茶など透明な飲料以外の飲料水は避けてください。検査1時間前までであれば、少量の水分(100ml程度)をお飲みいただいてもかまいません。
②午後に検査をされるかた
●検査予定時刻の5〜6時間前までに軽めの食事を済ませてください。
●水とお茶のみ、検査の3時間前までは積極的に摂取してください。
●それ以降、検査1時間前までであれば、少量(100ml程度)の水分をお飲みいただいてもかまいません。



検査前のお薬の服用について

常用薬は多くのものについては普段どおり服用していだたいて問題ありませんが、血液を固まりにくくする薬などは、休薬していただく必要がございます。 (バイアスピリン、クロピドグレル、プレタール、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、ワーファリンなど)常用薬についてご不安がある場合、必ず事前にご相談ください。



検査

予約時間の10分前を目安にご来院ください。検査同意書に記入をしていただきます。検査時間は10〜20分程度です。
検査中、異常な病変があれば、組織を採取します。生検をした場合、アルコール飲料の摂取はご遠慮ください。
検査後は女性フロア・男性フロアでお休みください。検査後1時間は絶飲食です。



結果の説明

検査の時に撮影した内視鏡の画像を見ながら、検査結果の説明をおこないます。
病変組織を採取した場合は、病理組織検査の結果が概ね11日〜14日程度でわかりますので、日を改めてご説明致します。