総コレステロールが高いとどうなるの? ~脂質異常症~

この記事のポイント

  1. 総コレステロールが高いと脂質異常症という病気の可能性がある
  2. 脂質異常症になると、時に命に関わる病気に発展することも
  3. 総コレステロールの数値だけで判断せずに、ほかの数値も併せて確認することが大切
  4. 総コレステロールの数値が気になるときは病院へ

健康診断の血液検査などで分かる総コレステロール値は、主に“脂質異常症”と呼ばれる病気を診断するための参考値として用いられます。基準値は血液1dlにつき128~219mgといわれています。総コレステロールが基準値よりも高い場合、どのような恐れがあるのでしょうか。

このページでは総コレステロールの数値の見方や、ほかにも注意して確認したい検査項目についてご紹介します。

総コレステロールが高いとどうなる?

総コレステロールが高い場合、“脂質異常症”という病気が疑われ、放置すると命に関わる状態になる可能性があります。しかし、脂質異常症は総コレステロールの数値だけでは確定診断できません。ほかの数値も併せて確認することが大切です。

以下ではまず、脂質異常症とはどんな病気なのかご紹介します。

脂質異常症とは

脂質異常症とは、コレステロールや中性脂肪などの脂質の代謝に異常が生じる病気です。もともとは“高脂血症”と呼ばれていた病気で、具体的な自覚症状はほとんどありません。しかし、放置すると血管が弾力性を失う“動脈硬化”が促進され、脳梗塞のうこうそくや心筋梗塞といった命に関わる病気に発展する恐れがあります。

脂質異常症の多くは食べすぎや食事バランスの偏り、運動不足など生活習慣を原因に発症するといわれています。一方、生活習慣に関係なく遺伝的に脂質異常症にかかりやすい方もいるため、気になる数値が出たときは原因を探るためにも医療機関を受診することが大切です。

脂質異常症の診断にはほかの数値も重要

先述の通り、脂質異常症を診断するためには総コレステロールだけでなく、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、中性脂肪など脂質に関するさまざまな数値を総合的に確認することが大切です。そもそも総コレステロール値とは、HDL・LDLなどさまざまなコレステロールを併せた数値であり、その数値だけでは血液中のコレステロールのバランスを正しく知ることができません。

以下では、脂質異常症の診断に関わる血液検査の数値と基準値についてご紹介します。

HDL(善玉)コレステロール――40mg/dl未満で脂質異常症と診断

HDLコレステロールとは増えすぎたコレステロールを取り除き、動脈硬化を抑える効果を持つコレステロールです。善玉コレステロール、HDL-Cなどと表記されることもあります。

コレステロール値といえば「高いと問題がある」というイメージを持つ方も少なくないでしょう。しかしHDLコレステロールに限っては、基準値を下回るほうが要注意です。基準値は血液1dlにつき40~96mgで、40mgを下回ると脂質異常症と診断されます。LDLとHDLの比率(L/H比、動脈硬化指数)がより重要となります。(一般的に1.5~2以下が望ましいとされています)

LDL(悪玉)コレステロール――140mg/dl以上で脂質異常症と診断

LDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割を持つコレステロールです。しかし、増えすぎると動脈硬化を引き起こす恐れがあります。悪玉、LDL-Cなどと表記されることもあります。

悪玉コレステロールの基準値は血液1dlにつき70~139mgで、140mg以上になると脂質異常症と診断されます。

目標値は基礎疾患や家族歴などリスク因子にもよりますので、数値の目標値に関しては主治医の先生にご確認ください。

中性脂肪――150mg/dl以上で脂質異常症と診断

中性脂肪は体を動かすときのエネルギー源として使われたり、体温を一定に保ったりする役割を持つ脂質です。しかし、増えすぎると肥満や生活習慣病の引き起こすほか、コレステロール同様動脈硬化の原因になることもあります。トリグリセライド、TGなどと表記されることもあります。

中性脂肪の基準値は血液1dlに対し30~149mgで、150mg以上になると脂質異常症と診断されます。

総コレステロールが高いときは?

総コレステロールが高いというだけで脂質異常症と診断することはできず、そのほかの数値によっては脂質異常症と診断される可能性があります。そのため、気になる数値が出た場合などには医療機関を受診しましょう。

医療機関では脂質異常症を診断するための検査はもちろん、原因に合わせた食事など生活習慣の指導、薬物療法などを提案します。

総コレステロールが高いときはサルスクリニックへご相談を

サルスクリニックでは、健康診断から診察までをワンストップで実施し、健康診断で異常が現れた場合には検査や治療に速やかに結びつけます。また、ほかの医療機関で健康診断を受けた場合でも、結果をお持ちいただければ、気になる数値の説明やより詳しい検査を行いますので、お気軽にご相談ください。健康診断・診療のご予約・決済は全てスマートフォンから可能です。

脂質異常症のような生活習慣病は、食生活などの生活習慣を見直すことも大切です。サルスクリニックには医師だけでなく管理栄養士が在籍し、一人ひとりのライフスタイルに合った無理のない生活習慣を提案します。まずはお気軽にご相談ください。

※サルスクリニックの健康診断について、詳しくはこちらをご覧ください。